スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お花見の由来 

奈良時代以前、桜は観賞用というよりはその年の農作物の出来を占う花でした。だからこそ「早く散れば凶兆」ということで散るのを惜しんだといわれています。

桜を鑑賞しだしたのは平安時代から。どうやらその頃から"花"といえば桜になったようで、以下のような桜を愛でる歌が数々詠まれるようになりました。

いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな
訳:昔の奈良の都の八重桜が、今日は九重の宮中で、ひときわ美しく咲きほこっていることですよ。

百人一首六十一番:伊勢大輔

世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし
訳:世の中に桜というものがなかったなら、もっと春は心穏やかに過ごせるのに。

古今和歌集:在原業平

平安時代の花見は公家のものでしたが、やがて武家にも浸透していき、大掛かりな花見が催されるようにもなっていきます。江戸時代になるとようやく庶民も花見をするようになります。仮装をする者、俳句を詠む者、謡曲、小唄、三味線など、今で言えばカラオケのようなものに興じる者、はては口論、ケンカが始まる(江戸っ子っぽいですよね)など、まさに「花より団子」的なお花見のスタイルへとなっていっていったそうです。

数年前に上野公園にお花見に行ったことがありますが、宴会、カラオケ、曲に合わせて踊る人、手品をする人なんかもいたりして、時代は変わってもやることはあんまり変わってないみたいですね。

[2006/03/04 20:09] お花見 | TB(0) | CM(0)

雛祭りのお供え物(食べ物) 

白酒

ひな壇に飾る三人官女が持っているのが白酒で、雛祭りの祝い酒です。

菱餅(ひしもち)

菱餅は雛祭りのほかにも正月や立春で作る風習が古くからありました。これは、菱餅が女陰の形に似ていることから、女陰の持つ邪気祓いの力や豊かな生命(生殖)力にあやかろうとする古代信仰に由来すると考えられています。雛祭りは女の祭りですから、女性を表す菱餅を使うようになったようです。

雛あられ

雛あられが作られだしたのは室町以降です。おそらく菱餅から転じたものと考えられます。餅や豆などに砂糖をからめて作ったあられはその当時の子どもにはとても魅力的なお菓子だったのでしょう。



蛤のお吸い物なども雛祭りのお供え物です。季節的に貝が旬であるからもありますが、昔は3月3日に磯遊びをする風習も各地に見られたそうです。また二枚貝は貞節の象徴と考えら、雛祭りが女の子の節供であることから蛤を食べる習慣もあるようです。

[2006/03/02 19:55] 雛祭り | TB(0) | CM(0)

雛祭りの由来 

雛人形
三月三日は雛人形を飾って女の子の健やかな成長と幸せを祈る行事、雛祭りですね。
雛祭りは、他に"上巳(じょうし)の節供(="せっく"と読みます。節句と同じ意味)"や"桃の節句"とも呼ばれます。確かに"桃の節句"とはよく言われますが、"上巳の節供"ってご存知でした?
"上巳の節供"というのは、"3月上旬の巳の火に行う行事"という意味です。3月3日というよりも、3月上旬の巳の日ということだったんですね。
ちなみに、私は知りませんでした(ほんと、知らないことばっかり)。

それから、雛祭りは古代中国から伝わった上巳の日の"除災の儀式"と平安時代にはやっていた"ひいな遊び"の二つが合わさってできた行事です。

古代中国では、上巳の日に水辺で祓いの行事を行い、自分自身の身代わりになる"人形(ひとがた)"に穢れを移して川に流していました。この人形が雛人形のもとの形で、日本に伝わった平安時代には"形代(かたしろ)"とか"なでもの"と呼ばれていました。

一方、この"形代(かたしろ)"とは別に"ひいな"と呼ばれる紙製の玩具人形がありました。平安貴族の子女がこのひいなに種々の調度などを供えて飾って遊ぶことを"ひいな遊び"と呼び、それらを持ち寄ってその優劣を競う遊びが"ひいな合せ"で、"上巳の節供"とは無関係に行われていました。

そして、次第に"ひいな遊び"と"上巳の節供"の紙人形とが混ざり合い、16世紀には3月3日が雛を飾って祝う日とされるようになっていくのです。今でも紙製の雛人形を飾ることもありますが、これは古い時代の風習を残したもの、また、紙の雛人形を川に流す"流し雛"も中国で人形を川に流した風習の名残です。

江戸時代になると、紙だった雛人形が今のように豪華になってきました。宮廷生活を模して内裏雛(だいりびな)が作られ、その後、左右大臣、三人官女、五人囃子(ごにんばやし)などが増えていきました。雛人形が増えていくにつれて、飾り方も平面に飾る方式から階段状に飾るように変わっていきました。ただ、このような派手な雛飾りは江戸のもので、上方ではせいぜい二段飾りくらいの素朴なスタイルだったようです。派手な江戸風のものが全国的に広まったのはもう少し後の時代でした。

そうそう、忘れていました。"桃の節句"の由来。

古来、桃は邪気を祓う(はらう)という信仰がありました。その起源は『古事記』の"黄泉(よみ)の国"のくだりに記述されています。
死んで黄泉の国に入った妻のイザナミを追ったイザナギは、恐ろしい姿に変わってしまった妻の姿に驚き、逃げ出します。そのときイザナミが追っ手に桃の実を投げつけ、追っ手をまくことに成功します。


古代中国で魔よけの力があると考えられていた桃ですが、その考えが日本にも伝わってきて、桃に対する信仰となりました。この桃の信仰とひな祭りが結びついたのは、旧暦の3月3日の頃は桃の花の季節だったことと、"上巳の節供"が邪気祓いを基にするため、桃の呪力の信仰と結びつきやすかったからのようです。
[2006/03/01 19:51] 雛祭り | TB(0) | CM(0)

節分に食べるもの 



「来る新春もまめ(達者)でありますように」との願いをこめて、実際の年齢よりひとつ多い数の豆を食べます。これは、昔、立春を迎えるとひとつ年をとると考えられていたからです。



鰯は年取り肴(=大晦日の年取りに吉例として使われる魚)であることと、その臭いで鬼を払うとされています。また、この時期の鰯は産卵のため沿岸近くにやってきてよく獲れ、値段も安く脂がのっておいしいためです。鰯と柊を飾る家は少数派になってきていますが、鰯を節分の日の夕食のおかずとしているご家庭もあるようです。

恵方巻き

最近全国区に急浮上してきたのが恵方巻き(えほうまき)。恵方巻きは関西で太巻き寿司を食べる習慣で、太巻き寿司を切らずに丸ごと一本かぶりつくことから「丸かぶり寿司」ともいいます。
「丸かぶり」の習慣は古くから花柳界でもてはやされていましたが、大阪の老舗寿司「本福寿司」などが中心になって商売に結びつけたのが広まるきっかけでした。最近では巻き寿司に欠かせない海苔業界もキャンペーンを行ったり、メディアで紹介されることが多くなり、全国的に普及しつつある一品です。


[2006/02/03 19:42] 節分 | TB(0) | CM(0)

節分の由来 

豆まきの由来

豆まきの風習は、奈良時代に中国から伝わった「追儺(ついな)」の儀式に由来します。追儺は「鬼やらい」ともいい、疫病や災害を追い払うための儀式で、中国では紀元前三世紀の秦の時代には既に行われていました。疫病や災害は鬼にたとえられ、桃の弓や葦の矢、矛、盾などで鬼を追い払っていました。

日本へは遣唐使によってもたらされ、706年に疫病が大流行し大量の死者が出たとき、当時の文武天皇がこの鬼やらいの儀式を行ったのがはじまりとされています。ただ、豆をまく風習はまだなく、中国流に桃の弓、葦の矢を使って鬼を追い払っていました。その後、次第に民間でも行われるようになり、850年代頃から行事化たそうですが、室町時代(1338年頃~1573年頃)あたりまでは12月の大晦日の行事でした。

なぜ豆をまくようになったか。その由来ですが次のような話が伝わっています。
「その昔、鞍馬の奥に人に害を与える鬼がいた。あるとき毘沙門天が現れて七人の賢者を呼び、三石三斗(約600リットル)の大豆で鬼の目を打てと命じ、賢者は鬼を退治することができた」
鬼の目を打つのでまめ(魔目)といい、また、魔滅にも通じるからだそうです。

ちなみに「鬼は外、福は内」と唱えながら豆をまくようになったのは南北朝時代からだそうです。

この行事は神道や仏教とは無関係ですが、他の多くの年中行事と同じように神社仏閣にも取り入れられ、明治維新の前後、一時廃れましたが再び行われるようになり、現在も盛んに行われるような行事となっています。

焼嗅がしの由来

焼嗅がしは平安時代には既に行われていました。『土佐日記』に「小家の門のしりくめ繩のなよしの頭ひゝら木らいかに」と記述があり、この頃はボラ(鯔、古名:ナヨシ)の頭を使ってたようです。

[2006/02/03 19:38] 節分 | TB(0) | CM(0)

節分とは③ 焼嗅がし(やいかがし) 

焼嗅がし2つめの風習は焼嗅がし(やいかがし)。
"やいかがし"とは焼いた臭気を嗅がせることによって邪気を退けるという意味で、柊の枝に鰯の頭を刺し、家や門の出入り口、軒下などにつるします。にんにくやヒル、ねぎ、毛髪などを添える地域もあるそうです。

余談ですが、焼嗅がしは「鰯の頭も信心から(いわしのかしらもしんじんから)」ということわざの元になっているそうです。
※ことわざの意味:鰯の頭のようにつまらないものでも、それに不思議な力が宿っていると信じてしまえばとてもありがたいものに見えてくる、ということ。


[2006/02/03 19:25] 節分 | TB(0) | CM(1)

節分とは② 豆まき 

福豆と鬼のお面節分の1つ目の風習は、「鬼は外、福は内」のかけ声でおなじみの豆まきですね。豆をまくのは、本来はその家の主人か年男(生まれ年がその年の干支に当たる男)の役目だったんだそうですよ。我が家では気にせずにみんなで豆を投げてた気がしますが。。。

正式には、煎った豆を升や三方(お供えを載せる台)に入れてあらかじめ神棚にあげておき、日が落ちた夕方から、窓を開けて鬼を追い出すように家の奥から外に向かってまくのだそうです。時間とかも重要だったんですねぇ(なんでかはまた後日調べておきたいと思います)。
こうして、豆をまき鬼を退治することで、"一年の邪気を取り除き新しい年の福を招き入れる"のが豆まきをする理由なんですね。

[2006/02/02 19:20] 節分 | TB(0) | CM(0)

節分とは① 

節分
節分とは、立春、立夏、立秋、立冬の前日のこと。昔は「せち分かれ」と言って、季節の変わり目を意味していたそうです。ということで、節分は年に4回あるのですが、冬から春への折り返し地点の"立春の前日の節分=大晦日"とこの部分だけが残るようになって、今では春の節分だけが行事として残ったのだそうです。
節分って2月独特のものと思ってたけど、そうじゃなかったんですね~。知らなかった。

そして、節分といえば、私は「豆まき」だと思ってたんですが、「焼嗅がし(やいかがし)」という風習があるんだそうですね!これまた知りませんでしたよ~。みなさんは普通にやってました??
その二つの風習、どんなことをやるのかをちょっと書いてみたいと思います。


[2006/02/01 19:17] 節分 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。