スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

五月人形① 

端午の節句の飾りには内飾りと外飾りがあります。内飾りが五月人形です。

武士としての出世を願う五月人形ですが、もとは雛人形と同じく穢れを移して川に流すための紙人形がやがて菖蒲や紙で作った兜を飾るようになり、武者人形になったものです。

江戸時代に入ると趣向を凝らしたものが現れ、立派な鎧兜のセットが飾られたり、のぼりや弓矢、刀など、小道具も飾り立てるような風潮が生まれて現在まで続いています。

ただ、飾り方の決まりというものはないので、武者人形1点だけでも、兜だけでもどう飾ってみても特に問題はないそうです。

五月人形で代表的なものは源義経、弁慶、加藤清正、伊達政宗、徳川家康などの歴史上活躍した武士や金太郎や桃太郎などの昔話の主人公があります。初節句の際のお祝いなどご参考にしてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

[2006/04/25 00:02] 端午の節句 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okazarian.blog58.fc2.com/tb.php/30-cd11687a




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。