スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

端午の節句の由来 

端午の節句は、雛祭りと同じく中国から伝わって日本で作り変えられてきた行事の一つです。

古代中国では、端午の日に蓬(よもぎ)で人形(ひとがた)を作って門にかけたり、菖蒲(しょうぶ)を浸した酒を飲んだり、菖蒲で作った舟で競争したり、薬草摘みを行うなどして穢れ(けがれ)を祓い、災厄から逃れるための行事が行われていました。

一方、日本では、5月は田植えをする季節。

5月5日は田の神を迎えて豊穣を祈るために未婚の娘たちが巫女となり、菖蒲の葉や蓬で葺いた"女の家"という小屋にこもり、身を清めるという風習がありました。日本の5月5日は神を迎えてお祓いをする日であり、女の休養日でもあったのです。

菖蒲打その後、鎌倉時代に武家が台頭してくると、「菖蒲」は「尚武(武を尚とぶ(たっとぶ))」に通じることから、この日に流鏑馬(やぶさめ)などが行われ、印地打(石合戦)や菖蒲打など男子中心の勇ましい行事が行われるようになり、男の節句となっていきました。

他の説として、既に女の節句は3月3日にあったので、5月5日が男の節句になったとも言われています。

時代が過ぎ、室町時代になると兜人形が作られるようになり、江戸時代に入ると男子の健康と出世を祈る鯉のぼりが立てられるようになりました。

なお、5月5日は端午の節句であるとともに、国民の祝日「こどもの日」でもあります。5月5日がこどもの日と定められたのは比較的歴史が浅く、1948年(昭和23年)7月20日のことです。国民の祝日に関する法律によって「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるととともに、母に感謝する日」と定められています。現在では「母に感謝する日」は「母の日」ですが、法律的には5月5日だったんですね!
スポンサーサイト

[2006/04/25 00:01] 端午の節句 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okazarian.blog58.fc2.com/tb.php/29-d470c2f5




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。