スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雛祭りのお供え物(食べ物) 

白酒

ひな壇に飾る三人官女が持っているのが白酒で、雛祭りの祝い酒です。

菱餅(ひしもち)

菱餅は雛祭りのほかにも正月や立春で作る風習が古くからありました。これは、菱餅が女陰の形に似ていることから、女陰の持つ邪気祓いの力や豊かな生命(生殖)力にあやかろうとする古代信仰に由来すると考えられています。雛祭りは女の祭りですから、女性を表す菱餅を使うようになったようです。

雛あられ

雛あられが作られだしたのは室町以降です。おそらく菱餅から転じたものと考えられます。餅や豆などに砂糖をからめて作ったあられはその当時の子どもにはとても魅力的なお菓子だったのでしょう。



蛤のお吸い物なども雛祭りのお供え物です。季節的に貝が旬であるからもありますが、昔は3月3日に磯遊びをする風習も各地に見られたそうです。また二枚貝は貞節の象徴と考えら、雛祭りが女の子の節供であることから蛤を食べる習慣もあるようです。
スポンサーサイト

[2006/03/02 19:55] 雛祭り | TB(0) | CM(0)

雛祭りの由来 

雛人形
三月三日は雛人形を飾って女の子の健やかな成長と幸せを祈る行事、雛祭りですね。
雛祭りは、他に"上巳(じょうし)の節供(="せっく"と読みます。節句と同じ意味)"や"桃の節句"とも呼ばれます。確かに"桃の節句"とはよく言われますが、"上巳の節供"ってご存知でした?
"上巳の節供"というのは、"3月上旬の巳の火に行う行事"という意味です。3月3日というよりも、3月上旬の巳の日ということだったんですね。
ちなみに、私は知りませんでした(ほんと、知らないことばっかり)。

それから、雛祭りは古代中国から伝わった上巳の日の"除災の儀式"と平安時代にはやっていた"ひいな遊び"の二つが合わさってできた行事です。

古代中国では、上巳の日に水辺で祓いの行事を行い、自分自身の身代わりになる"人形(ひとがた)"に穢れを移して川に流していました。この人形が雛人形のもとの形で、日本に伝わった平安時代には"形代(かたしろ)"とか"なでもの"と呼ばれていました。

一方、この"形代(かたしろ)"とは別に"ひいな"と呼ばれる紙製の玩具人形がありました。平安貴族の子女がこのひいなに種々の調度などを供えて飾って遊ぶことを"ひいな遊び"と呼び、それらを持ち寄ってその優劣を競う遊びが"ひいな合せ"で、"上巳の節供"とは無関係に行われていました。

そして、次第に"ひいな遊び"と"上巳の節供"の紙人形とが混ざり合い、16世紀には3月3日が雛を飾って祝う日とされるようになっていくのです。今でも紙製の雛人形を飾ることもありますが、これは古い時代の風習を残したもの、また、紙の雛人形を川に流す"流し雛"も中国で人形を川に流した風習の名残です。

江戸時代になると、紙だった雛人形が今のように豪華になってきました。宮廷生活を模して内裏雛(だいりびな)が作られ、その後、左右大臣、三人官女、五人囃子(ごにんばやし)などが増えていきました。雛人形が増えていくにつれて、飾り方も平面に飾る方式から階段状に飾るように変わっていきました。ただ、このような派手な雛飾りは江戸のもので、上方ではせいぜい二段飾りくらいの素朴なスタイルだったようです。派手な江戸風のものが全国的に広まったのはもう少し後の時代でした。

そうそう、忘れていました。"桃の節句"の由来。

古来、桃は邪気を祓う(はらう)という信仰がありました。その起源は『古事記』の"黄泉(よみ)の国"のくだりに記述されています。
死んで黄泉の国に入った妻のイザナミを追ったイザナギは、恐ろしい姿に変わってしまった妻の姿に驚き、逃げ出します。そのときイザナミが追っ手に桃の実を投げつけ、追っ手をまくことに成功します。


古代中国で魔よけの力があると考えられていた桃ですが、その考えが日本にも伝わってきて、桃に対する信仰となりました。この桃の信仰とひな祭りが結びついたのは、旧暦の3月3日の頃は桃の花の季節だったことと、"上巳の節供"が邪気祓いを基にするため、桃の呪力の信仰と結びつきやすかったからのようです。
[2006/03/01 19:51] 雛祭り | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。